スキップしてメイン コンテンツに移動

自我と丹田との戦い


私が思考の武器としての言葉を求めて本を読むようになったのは、京都大学在籍中に思想信条の違う学生との議論で負けないためでした。特に左翼の人たちとの議論に勝たなくては、大学内での思想信教の自由が確保できなかったのです。議論に敗れて悔しい思いをしたこともありました。

しかし「本を読むことが活字への依存をもたらしている」「活字に依存して思考することが自分の魂に目をふさぐ原因となっている」という反省が、ある時から芽生え始めました。少し前に書きましたが、明治神宮でのインスピレーションもそれを加速しました。

そこでこの問題をさらに追及していくうちに、根深い自分の問題点が見えてきました。

「本を手放せなかった自分は、いったい何と戦っていたのですか?」

この質問を見つめていると、「丹田と戦っていたのですよ」という答えが降りてきました。

丹田とは、いいかえると「魂」ということです。自分の根源であり、根っ子であり、また自分の全体でもあります。これが「丹田」だと思いますので、「魂」という言葉がぴったりきます。

自分の「魂」を理解しようとする時に、人の言葉で理解しようとしても、それはできません。本ばかり読む私は、人の言葉で、人の意見で戦っているので、これではいつまでたっても自分の本質に近づくことができないわけです。

心理学の勉強に取り組んで以降、本を読む動機は、自分の魂を頭で理解したいということでした。言葉で理解したかったのです。言葉で説明できないと、分かったことにならないと思い、必死で言葉を探していたのです。

しかし、それが丹田と戦っている姿であったのです。言い換えると自分の魂と戦っている姿だったのです。

「理解できないとこが怖いのか。
感じるだけのことが、そんなに怖いのか。
言葉にならないことが怖いのか。」

その問いかけが心に投げかけられました。
私は、「感じるだけ」の自分を拒んでいたのです。

私の奥にあるのは、「言葉で理解でき、言葉にできないことは価値がない」という思い込みです。

「分からないことを表現できて、言葉にしたら価値があると思っている。
分からないことを分かると、勝ったと思う。
つまり戦いの渦中にいる。」

鋭い追及が心に降り注ぎました。
当たり前のように本を読み言葉を探している私は、魂(丹田)との真っ最中だったのです。

「魂をすべて頭脳で説明しようとしている。
すべてを言葉で説明できるというおごりを持っている。」

追及はさらに心に畳みかけられました。
おごりという言葉が、胸にこたえました。

よく考えてみれば、頭脳なんてちっぽけなものです。
でも無意識に、その事実を受け入れたくないと思っていたのです。

その気持ちの奥には、学生時代に感じて信じていることを言葉で説明できなくて馬鹿にされ、みじめな思いをした経験がありました。言葉で説明できないことは、みじめな敗北を意味していたのです。

「魂は、存在そのものだから、証明する必要がない。
証明しようとする努力はいらない。
『感じるだけで十分だ。』
これが戦っていない人の考えだよ。」

そういう言葉も心に降り注ぎました。

魂は、霊的エネルギーの本質は、それをすべて肉体で表現することはできません。
それとおなじことで、魂は言葉ですべてを表わせないのです。
その事実を受け入れなくてはならなかったのです。

説明するための武器として言葉を求めると、魂は生き埋めになっていくのです。

では何を言葉に求めれば良いでしょうか。

「丹田の気持ち、魂の気持ちを表現するために言葉を使えばよい。」

そう響いてきます。

いうなれば、それまでの私は丹田と戦うのが好きだったようです。
宇宙の根源のエネルギーと力比べしているようなものでした。
私の傲慢さはここから生まれていたのです。

宇宙にもつながっている人間の魂で、言葉で説明できる部分など、ごくわずかな領域に過ぎません。魂の全体ははるかに大きな存在です。

にもかかわらず、小さな小さな世界へ、小さな言葉の世界へ、すべてをおしこめようとしていたのです。
それは本来偉大なものを小さく小さくすることです。
自分の魂を小さく小さくして、自分が小さくなっていたのです。
小さくなり同時に傲慢でもあったのです。

「この世的になっている」という意味は、そういうことだったのです。
魂がこの世的なものに生き埋めになっている恐怖心は、それを教えるサインだったのです。

※関連記事「魂の感じる恐怖」


心理カウンセラー 種村修 (種村トランスパーソナル研究所)
※メールや電話でのカウンセリングを行っています。
<連絡先>
電話 090-8051-8198

コメント

このブログの人気の投稿

境界性パーソナリティ障害7…特徴(4)怒りのブレーキが効かない

①感情がコントロールできない

境界性パーソナリティ障害の人も私たちも、もっている感情に違いはありません。ただ違うのは、私たちより「物事を強烈に感じ、より激しい形で反応し、自分自身の感情や行動をうまくコントロールできない」ということです。
境界性パーソナリティ障害の人の怒りは激しく、予測不可能で、筋道を立てて話をしても抑えることができません。大雨の後の鉄砲水や地震や、晴れた日の雷のようなものです。現れるのと同じように、消えるのも突然です。

もう聞いているしかないほど怒りの激流となるので、相手をする人は疲れ果てて行きます。仕方がないから感情をなだめるために、境界性パーソナリティ障害の人の言うままになってコントロールされている家族があります。これは非常に多くあるケースです。この場合、家族の心の中には、出すことのできない怒りが蓄積されていくので、家庭の中の空気が非常に冷たくとげとげしいものとなりがちです。 もっとも、境界性パーソナリティ障害の人の中には、自分の怒りを全く表現することができないという正反対の問題を抱えている人もいます。怒りがないのではなく、「少しでも怒りを表したらコントロールを失ってしまうとか、わずかな怒りでもそれを向けた相手が仕返しをするのではないかという恐怖心を抱いている」からです。怒りのブレーキが壊れているという感覚では共通しています。

通常このタイプの人は、怒りだけでなく、あらゆる感情が激しくて、それを抑えるブレーキが壊れているように感じています。それは彼らが痛みに対して、非常に過敏な心を持っているからです。ある専門家はこれを、全身の9割に重度の熱傷(やけど)を受けているような状態だといいます。「感情という皮膚がなく、わずかに触れたり、動いたりするだけでも、彼らは苦痛に悶えるのです」。ですから制御できなくて激しい反応が起きてしまうのです。
この敏感さは、境界性パーソナリティ障害の人が、潜在意識と同通しやすいこととも密接にかかわっています。鈍感な人であれば感じないので平気なことでも、潜在意識と同通して敏感な人にとっては、拷問なような苦しみを感じることがあるのです。心がむき出しになっていて、小さな刺激にも過敏に反応するのです。このタイプの人が、激しい猫舌であることも、しばしば見かけます。感覚も過敏であることが少なくないように思います。

②怒りの奥にある生き残り戦略…

境界性パーソナリティ障害1…愛情飢餓の苦しみを抱えて

1.決して珍しくない症状



境界性パーソナリティ障害は、最近増えつつあるのですが、対人関係が難しいという特徴があるので、大変厄介です。 リストカットを繰り返したり、自殺の企てを何度もしたり、摂食障害で拒食症や過食症に悩んだり、家庭内での親への暴力、援助交際などの性的逸脱などなど、こうした激しい行動の背景には、往々にして境界性パーソナリティ障害が潜んでいます。これに薬物への依存が加わることもあります。
そのために境界性パーソナリティ障害では、本人の苦しみが激しいだけでなく、家族やその周囲の人が振り回されてへとへとになっていくことが少なくありません。


特に境界性パーソナリティ障害への対応で難しいのは、通常の場合、その人を熱心に支えようとすればするほど、症状が悪化していくことです。親身に支えてくれる人に対して、どんどん要求をエスカレートさせたり、攻撃的で衝動的になったり、自殺の企てを繰り返すことも少なくありません。そのために親身になって支援しようとした人自身が傷つくことも多いのです。
アメリカではこの障害を持つ人は全人口の2パーセントもあり、さらに精神科外来患者の11%、入院患者では19%が境界性パーソナリティ障害の要素を持っていると言います。日本もそれに近づいてきているといわれています。



青年期に発症することが多いので、若い人の間では境界性パーソナリティ障害を持つ人は、大幅に割合が増えることになります。なかでも女性に多くみられ、80%をしめます。男性も20%を占めていて、性差がなくなっている現在では、男性が発症するケースも増える傾向があるようです。

2.見捨てられ不安と愛情飢餓

境界性パーソナリティ障害を持つ人は感情がとても不安定です。

たとえば、片時も離れたくないほどの恋人だったはずなのに、突然鬼のような怖い顔になり怒りまくる。たんなるお友達のはずなのに、夜中まで突き合せておきながら、翌日はがらっと態度が変わり激しく罵倒する、などなど・・・。

こうした極端に不安定な気持ちや言動の元にあるのは「相手に見捨てられるかもしれない」という不安です。しかも、その「不安」は、本人が思いこんでいるだけで、相手にしてみれば全く心当たりがない場合がほとんどです。そのため何を怒っているのか、見当がつきません。

境界性パーソナリティ障害の人は、大変深刻な「見捨てられ不安」をもっているのです。そのために、ささいな…

境界性パーソナリティ障害5…特徴(2)対人関係の不安定さ

①理想化とこき下ろし

境界性パーソナリティ障害の二番目の特徴は、人間関係が不安定で変動が激しいことです。
「理想化とこき下ろしとの両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる、不安定で激しい対人関係」というパターンがあるのです。


理想化」というのは、「最高だ!」「こんな人に出遭えたのは初めて!」と感じて、相手を理想の人だと思いこむことです。


境界性パーソナリティ障害を持つ人は、自分を支えてくれ、愛情飢餓を癒してくれる人を常に求めています。ですから、これはという人物に巡りあえると、急速に相手に対する期待が高まります。そして「この人こそ、自分が求めていた人だ!」その思いが膨らむと、極度に理想化したり、万能な存在であるように思いこみやすいのです。

このタイプの人は、心の深いところで母親や父親の代理を相手に求めています。ですからその欲求を満たしてくれる人に出会うと、どんどん依存を深めていきます。

さらに境界性パーソナリティ障害をもつこのタイプの人は往々にして恋愛感情に入っていきやすいので、理想の相手に見えて恋心に火がつくことも少なくありません。しかし、これはこの人の中にある理想の父親もしくは母親の投影として、理想の恋人に見えているのであって、本当の恋心とはいえません。


もし恋人関係になったとしても、この関係は長続きしません。どこかで相手が支えきれなくなるからです。相手がその人のもつ過大な期待にしり込みしたり、あるいはもう飽き飽きしたという態度を取ると、境界性パーソナリティ障害の人は「見捨てられるのではないかという不安」に捉われます。
そこで必死にしがみつこうとしたり、相手の気を引く行動をとります。

それでもさらに相手が引くそぶりを見せると、激しい失望を感じて、「裏切られた!」と怒りを感じます。そうすると、今度は相手が攻撃の対象になりかねません。


些細なきっかけで、その人の何らかの要求が満たされないと、評価が180度逆転して、罵詈雑言を浴びせることもありがちです。そして「最低!」「信じて損した」「私の時間を返してよ」という具合に、激しい言葉を浴びせるのです。言葉だけでなく、行為で迷惑をかけることもあり、相手は翻弄されていくことになります。
②アンビバレント(両価的)な感情
このタイプの人を理解する鍵は、「アンビバレント(両価的)」な感情にあります。