スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

己を縛るもの

私たちは自分の考えや習性が自分自身を縛っていることに、なかなか気が付けません。 しかし、それに気がつけたとき、縛りを脱する可能性が生まれます。 気づきのきっかけは、自分の思いや行動に違和感を感じたときを大切にすることで広がると思います。
ある人は、仕事で自分が小さなミスをした時に、それを上司に言えずに黙ってしまっている自分に気づきました。この人は正直を大切にしたいのに、それに背く自分を見て、どうしてだろうと疑問を持ちました。そして自分の「隠ぺいの癖」に違和感を感じたのです。
振り返ってみると、過去にもいろいろ大きなミスを黙っていた自分がありました。大きな失敗程、それを認めたくない気持ちが働き、本当に、それを忘れたこともありました。ミスした事実を顕在意識で「否認」したいと強烈に思ったので、潜在意識に記憶をおしこめ、本当に忘却していたのです。あとで、大きな問題になってから、それに直面して愕然としました。
カウンセリングで心を見つめているうちに、内心で自分が描いている「理想の自分」と相反する行動が出たときに、それを認めるのが嫌で隠したくなることが見えてきました。
その「理想の自分」とは次のようなものでした。 ・失敗しない(自分) ・周りに認められている(自分) ・努力を人一倍する(自分) ・すぐに理解しすぐにできる(自分)
話し合っている間に、この理想の弊害も見えてきました。
「失敗しない自分」を描いているので、失敗すると隠したくなり、失敗から学べなくなっている。失敗は成功の母なのに、失敗を否認すれば、失敗を生かせない。
周りに認められることが理想なので、失敗を隠すのだが、それが露見すると逆に信用を無くしていく。また、自分が納得するという仕事の仕方ではなくて、人の評価を意識する仕事になっている。人に見られる自分が気になるので、人のことを見ていない。
努力主義なので、リラックスとのバランを欠きやすく、疲れて効率が落ちることが多い。結果、怠け者になっている。
すぐに理解しできるのが理想なので、時間をかけてじっくり探究して、本当に理解することができない。すぐにできないとあきらめてしまうか、もうできたと思って探究をやめてしまう。
描いていた「理想」それ自体の弊害とともに、「理想の自分」(こうあるべきだという自己像)を描き、その枠に自分をおしこめようとしていた「思考の癖」の弊害にも気が付きました。 この癖の結果、…

成長にならないことは起きない

成長にならないことは起きない。 すべては成長になる。
こういう観点で人生を見ていくと、成功失敗、敗者勝者という枠を超えて、常に自分を成長させる生き方を選べることに気がつきます。 私は40代の時、リストラとそれに伴う激しいうつ状態を経験しました。あまりに自殺衝動が激しいので、大きな病院の精神科医に相談したことも、一度だけありました。 当時は仕事や友人、価値観、それらすべての喪失がうつの引き金となり、自分は人生の敗北者であると思いこみ、自己の全否定をしていました。あの時にあれだけ激しかった自殺への衝動に、よく耐えれたものだと思いました。
そうした経験でも、あの時に生活基盤を失ったから新しい自分をつくることができたと、今は思います。同じ職場にいたら、私の成長は止まり、心は停滞・後退に入っていたとことは疑いないと、そう確信しています。 そして人生の底を打って、そこからはいあがった経験が、自分の強さ、しなやかさを確信させてくれました。だから、どこからでも這い上がり、人生をやり直すことはできるし、新しい成長を常にしてゆけると、私は思います。
この世的に立場や金銭や、いわゆるこの世的な成功というものを価値があると思い過ぎると、この世は持つものと持たざる者に色分けされます。そしてごく一部の成功者と、数多くの敗者に別れると思います。 しかし、成長という基準で考えると、あらゆる人が成長できます。何かを得ても、何かを失っても、常にそれは新しい成長の機会となり得ます。
成長するときに、私たちは魂の喜びを得ることができます。それは魂の幸福感として感じ取れるものです。 逆に、停滞は不幸感覚をもたらします。心が成長をやめ、滞り、停滞して後退すると、私たちの目の輝きは消え、頭に蜘蛛の巣が張ったようになり、どんよりとした精神状態になります。心の喜びが消えるので、肉体的な快楽でそれを補おうとしますが、空しさが膨らんでいき、やがて空虚さに耐えられなくなります。
成長する方向にこそ、道があります。 ということは、どんな挫折や喪失であっても、そこから成長する方向を見出し、その経験や環境を成長する糧にしようとし、自分の魂がより成長する方向を人生の選択肢通して選ぶことが、道を切り開くものとなると思います。 それには勇気も必要ですが、成長へと舵を取るならば、道は開けます。
私はリストラに会う前に、そこでの仕事ではこれ以上に成長がなく、過去…

人への拒絶の感情を見つめる

私の小さな経験から、人への拒絶感情、拒否感情について考えてみたいと思います。
私はある時ある場所で、一緒に働いていた職場の若い子に対して、強い拒絶感情が湧くのを感じました。 彼は、仕事中に人に話しかけて、自分のことを色々と心の内面にわたって話す人でした。職場の人は、仕事と無関係なことで話しかけられると注意がそがれるので迷惑に感じていました。そしてともすると彼が心理的に接近しすぎることには、特に女性は気持ち悪さを感じるようでした。 上司や先輩からは「口にチャックをしなさい」と、いつも言われていて、叱られていましたが、それが度重なるうちに、めげて、失敗が増えだしました。
私は彼を見ていて、母親とのコミュニケーションに飢餓感があり、職場ではそれを穴埋めするコミュニケーションが欲しいのかもしれないと感じていました。普段はうるさく感じつつも、共感的に理解しようとしていたと思います。
それがある日、彼に対して非常に強い拒絶感情が出てくる自分にびっくりしました。彼を否定する感情が出て、排斥する気持ちを感じたのです。
しつこく出てくる拒絶感情に違和感を持ち、自宅に帰ってからじっくりと自己分析しました。 するといろいろな理由が複合的に働いていることに気が付きました。
一つは、職場の人たちの彼に対する否定の集合想念を吸い込んでしまって、それゆえに非常に強い拒絶が出た可能性が高いことです。その場の空気というやつです。これを吸い込むと、自分もその感情に染まって引きずられていきます。
二つ目は、彼の持っている仕事への不熱心さ、仕事を軽く見ていることの反発です。これは彼の仕事への姿勢のなかに、やはり問題を感じ取って、それに対して私の心が反応していると感じました。
三つめは、自分自身の状態を彼に重ねた無意識の拒絶です。私はこの日に、ある問題に心がとらわれて、雑念がなかなか去らなくて困っていました。つまり私は心の中でおしゃべりが止まない状態だったのです。そういう自分が嫌でしたが、この嫌な自分を彼に重ねて、彼を否定したのです。もちろんこれは無意識に働いた心理です。
第四には私の疲労がありました。この日は疲労がたまっていて、本来なら持てるはずのゆとりのある心の状態を保ちにくかったのです。私の個性が発揮された状態であれば相手を受容し理解しようとするのですが、この日はそれができず拒絶・否定に傾いたのです。
以上のような複数の原…

自分を変える決意3

自分の触れたくない問題に向き合うことは恐怖を伴いますが、それ以外にも様々な抵抗に出会うことがあります。 その一つに、身体症状があります。頭痛、吐き気、めまい、腰痛、胸の苦しみ、胃痛…等々、さまざまな身体症状が出ることがあるのです。
こうした身体症状は、潜在意識の反応が現れたものだと考えることができます。 本物の病気の症状であれば、医者に診ていただかないといけませんが、たとえばある記憶を思い出そうとしたりするときに限って出てくるものであれば、心理的な要因によるものと言えます。
私たちが自覚し、気づくことを拒んでいる思いや感情、記憶がある時に、私たちはそれを無意識のうちに潜在意識に押し込め、自覚しないですむようにしています。しかし、その思いや感情、記憶が無くなったわけではないので、身体に何らかの症状として現れてくることで、自分が問題を抱えていることしらせてくれるのです。身体症状は一種の潜在意識からのサインなのです。問題を抱えていることを知らせるサインです。
この場合は、身体やその症状に心を開いて、どんなサインを送ってきているのかを聴いてあげる必要があります。症状はサインなので、その意味を聴いて受け取ることができれば消えます。たとえば痛みの消滅などが起きるわけです。
まず身体症状というサインを理解しよう、受け止めようという姿勢が大切になります。身体と対話するとは、実際にはその症状の奥にある潜在意識と対話することを意味します。症状をよく味わい、どういう感覚が起きているかを詳細に感じとり、そして問いかけます。何を伝えてくれているのですか、と聞くのです。その答えが心に浮かぶのを待ちます。

すぐに答えが浮かばなくても、がっかりしないでください。そういう開かれた心があれば、ふと気がつく瞬間や、教えてもらえる瞬間があるものです。それは夢のなかかもしれませんし、誰かの言葉かもしれません。瞑想している時に、ふと気がつくかもしれません。
症状を潜在意識のサインとして捉えて、その意味を問おうとする開かれた気持ちを大切にすることが大切です。

いずれにしても自分自身と向き合って逃げないという姿勢、これが最も大切であり、自己変革の鍵はこの姿勢にあります。
<関連記事> 自分を変える決意1http://tanemura2013.blogspot.com/2017/04/blog-post.html

自分を変える決意2ht…

自分を変える決意2

本気で自分を変えると決めると、次は自分自身の中での抵抗に直面します。 自分が決して見たくないし、認めたくない何かに向き合わねばならないし、それを受け入れ、告白しなければならないからです。
自分がしたことや、思ったことで秘密にしていることは、深く自分を恥じ自分を責め、自己否定している気持ちが伴っているものです。 それを思い出し、受け入れ、告白することは、あたかも処刑台にのぼるような気持ちが起きてくるものです。 要するに、激しい恐怖心と戦うことを意味するのです。
しかし、これだけは認めたくないし言えないと思っていたことを、これが自分だと認めて告白し、受け入れたときに、心が変わります。憑き物がとれたようになり、軽く明るくなるのです。
勇気をもって告白し、「こういう自分をも受け入れてもらえた」という経験は、自分自身を受け入れる自己受容を促します。その時に自己否定が剥がれ落ちるのです。これが大きな成長です。
自分への信頼、自分を生かしてくださっているすべてへの信頼が、そこでは芽生えてきます。(つづく)

種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修) 心や人生の問題のご相談をお受けしています。 連絡先:℡090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

自分を変える決意1

私たちは、どうしても自分を変えたいと、強く願う時があります。 何度も不本意な生き方を繰り返してきた自分に嫌気がさし、絶対に変えたいと、そう決意する時です。
自己変革のためには、いくつかの関門があると思います。
その一つは、依存心を取ることです。 これは私自身が気付いたことですので、その時の発見を「依存心は自己変革を妨げる」とブログに書かせていただきました。 http://tanemura2013.blogspot.jp/2017/03/blog-post.html
誰かに自分を変えてもらいたいと、人任せに願っている間は、絶対に変わりません。その誰かが、神様や仏様でも無理です。ましてセラピストでも宗教家でも無理です。
自分は自分の意志でしか変えることができません。
他人の意志で変えられたとしたら、それはロボット化することを意味します。つまり何ものかにコントロールされ、操られて生きる生き方になるのではないかと思います。
だから、神仏に「何とか変えて下さい」とお頼いしても、「あなたはロボットではない。自分で自分を変えることができる。本気で自分を変えたいと思うのか。それをこそ自らに問え」と、そう言われる気がします。
要するに「変えてください」ではだめであり、「変えます」と本気で思えた時に、変わり始めるのです。(つづく)
種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修) 心や人生の問題のご相談をお受けしています。 連絡先:℡090-8051-8198
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

書いて見つめる

自分の心を見つめるさいに、書いて見つめるという方法は、非常に効果があります。
特にメールカウンセリングで、心を見つめて湧きあがる思いや記憶を書いていると、溜まっていた感情がこみあげてきたり、ハッとする気づきが起きたりすることがあります。 これは書くことで自分の心が整理されてくるとともに、次第に深いところまで意識が降りていき、潜在意識が気づいてほしかった感情や思いが心の表面に浮かび上がってきやすくなるからだと思われます。 潜在意識からのメッセージは、心を澄まして書いている時に浮かび上がりやすくなります。
筆が勝手に進むときがあります。 こんなことを書くつもりでなかったのに、書いているうちに思わぬ方向に行くときがあります。 そういう時は、心の深いところから突き動かされていることが多いと言えます。 これは深い部分で自分自身と向き合う大切な機会となります。
書く効果の一つに吐き出しということがあります。 心にため込んで、これ以上ためるのが苦しくなったものを、書くことで吐き出します。 「吐き出し」は「掃き出し」につうじており、心の中の重荷をきれいにする行為です。 吐き出しでは、できるだけ詳細に記憶をたどるとともに、その時の感情の動きをしっかりと見つめて詳しく書くとよいと思います。 それによって心に溜まっていたマイナスの思いが消えていきます。 吐き出しが進むと、心が軽くなって、マイナスの思いに引きづられなくなります。
「自分はどんな感情を持っていたのだろう」 「その感情の奥にはどんな感情があるのだろう」 そう心に問いかけて見つめていると、さらに深い部分が出てきて、自分を深く理解できるようになります。 なぜ自分がそういうことをし、そういう状態になっていたのかが理解できると、自分を受け入れることができるようになります。 これが自己受容です。
メールカウンセリングでは、カウンセラーからの問いかけに答えながら、さらに深く自分を掘り下げて向き合い作業が続きます。 ポイントは、自分を自分自身が否定していた気持ちを変えることです。 自己受容とは自己否定の克服です。 そのままの自分を抱きしめることです。 自己否定で人は自分の成長を止めてしまいます。 だから自己否定が取れたときに人は成長するのです。
種村トランスパーソナル研究所(心理カウンセラー種村修) (ご案内) 種村トランスパーソナル研究所では、メールや電話でのカウンセリングにより、自分を見…

想念を吸い込む

私たちは人と一緒に仕事や生活をしていると、知らず知らずのうちに、接した人の想念を吸い込んでいることがあります。 そのことに気づかないままでいると、自分らしくない行動や言動をします。 気がつけば修正できるのです。 だから気づくことがまず大切です。
ある人は、同じ職場で働いているチーフの女性が、時間を気にしながら仕事している雰囲気が、なんとなくせかせかして焦っている、追い立てられている気がして違和感を感じていました。二人きりになった時に、仕事していて頭がいたくなったので、これはチーフの影響受けたかな、と思いました。 ようやくチーフが帰ってから、1時間ほどその人は仕事をして定刻に帰りましたが、結構疲れていました。帰ってからも、なぜかせかせかと仕事をしてしまって、いつもより疲れたことが気になっていました。
翌朝、その方は静かに振り返ってみて、ふと気が付きました。自分がせかせか仕事をしてしまい、帰ってからもせかせかした気持ちが続いていたのは、チーフの想念を吸い込んでいたからだと。 朝、静座していても、いつもと違ってせかせかした気持ちがあったので、おかしいと思って見つめたときに気づけました。
人の想念を吸い込むときは、自分のなかにその人と同類の気持ちがあります。同じものを持っているので、吸い込んでしまうのです。
チーフの女性は、若い人でした。責任感が人一倍強く、若くして現場を任されているので気負いもあり、定刻が終わっても残って次の日の職場の準備や清掃をしていたのです。自分への要求水準が高く完璧主義的なところがあるし、人にもしっかりした仕事を要求するタイプです。
チーフの想念を吸い込んだ人も、自分への要求水準が高く、人がしないことでも気がつくとやってしまわないと気が済まないタイプでした。その時々の自分の限界を超えてやりすぎる傾向があり、心の中でせかせかした思いがあったので、引きつけたに違いないと気づきました。 本来ならチーフの想念の影響で頭痛がした段階で、深呼吸して意識を切り替えるべきだったと反省したそうです。
私たちは、自分の心や行動を見て、いつもの自分と違う、何か自分らしくないという感覚を大事にするべきだと思います。他人の想念を吸い込んでそうなっていることがよくあるからです。気がついて、原因を振りかえり、引き付けていた自分の思いを切り替えると、それは消えます。
自分らしく生きるということは、そうした…

富の考え方を変える

私たちは富というと、すぐにお金のことを考える習慣がついています。 私もその考え方に染まっていました。
しかし、「冨」をお金に限らないで「豊かさ」ととらえると、私たちはさまざまな豊かさに囲まれていることに気づくことができます。
毎日1時間半も通勤していた仕事が変わり、自宅で数分のところで働いたことがあります。 この場合、往復3時間の時間が自由になりました。移動時間での疲労もなくなりました。時間と体力という形の豊かさ、つまり富が増えました。
新興宗教や政治団体にはいる人は、信仰や思想信条を共有するグループのなかでは強い関係を作りますが、それ以外の人とは疎遠になっていきがちです。閉じた人間関係の中にいるのです。 しかし、その団体をやめて自由になると、いままでの人間関係は失いますが、新しい出会いが生まれ、人間関係は開かれたものとなって広がり始めます。人間関係の豊かさが増えたのです。これも富の増大です。
うつ状態で自宅にひき籠っている時は、自分の悩み以外のものが目に入りません。 しかし、戸外を散歩して、樹木や草花に目を注ぐと、さまざまなつぼみが膨らんでいたり、季節の花が咲いています。落ち葉も秋だけかと思っていたら、春にも冬にも落ち葉があることに気がつきます。自然の恵みに気がつけるということは、豊かさが増したと同じことです。
家族や職場の人が示してくれるささやかな思いやりの行動に気がつくと、感謝の思いが行動や言葉となって出てきます。すると家庭や職場には暖かい空気が流れ出します。 さりげない善意をごく普通に続けていると、時に人が気づいて感謝の言葉をくださいます。気持ちがつながった喜びを味わいます。 これも豊かさの増大だと思います。
週に一度は、家中のガラスを拭きます。毎日、自分が決めた最低限の掃除を行います。その都度、リセットした気持ちになり、清明な空間で生活が始まります。 清潔な空間は、豊かさの一つだと思います。
お金にだけ富の基準を求めていた時は、少ない収入と減っていく蓄えにばかり気持ちが向かい、常に貧しい気持ちでいました。これは収入の大小に関係なくそうだったと思います。 しかし、富の考え方を変えると、さまざまな豊かさに目がいくようになり、豊かさに恵まれていることに感謝できるようになりました。さまざまな豊かさが増えいく喜びも味わいました。 自分が豊かだなとしみじみと感謝する心は、豊かさを引き寄せる心です。

依存心は自己変革を妨げる

自分が何度も同じ間違いをし、何度も同じ苦い体験を繰り返す。 そういう時、本当に自分を変えることは難しいと、絶望し、溜息がでます。
そうした状態が何年間も続いて、ある種極限を迎えたときでした。 静かに座り、心を見つめていると、胸の奥に深い悲しみの感情の池があることに気が付き、ハッとしました。 非常に深い悲しみです。
いつまでたっても自分が変わらないことを、魂が悲しんでいる。 それは深い悲しみでした。
その悲しみの池の奥に目をやりました。 悲しみの池の底には何があるのかと意識を凝らしていると、 突然「依存心」という言葉が湧いて出てきました。 大文字で「依存心」と意識に浮かび上がってきたのです。
依存心って、なんだろう。 わかりやすく言うとどういう言葉だろう。
「私を変えてください。これが依存心」
言葉が浮かんできました。
ハッとしました。 私は自分が変わりたいと何年も苦闘してきたけれど、変わりたいという気持ちの奥には、実は「変えてください」「私を変えて頂戴」という依存心が潜んでいたのです。 私を変えてください、私を何とかしてください!・・・と。
これは自分が自分の主人公でなく、誰かに、あるいは何かに、お願いしている言葉でした。 神様にお願いしたとしても、神様は一人一人の主体性を重んじられるはずです。 カウンセラーでもそうです。 カウンセラーはクライエントの心に手を突っ込んで、思いの持ち方を強制して変えることはありませんし、そんなことはできません。 なにも、私は「私を変えてください」と誰かに、なにかに依存し続けていたのです。
これはダメだ、と思いました。 この依存がある限り、絶対変われない。 そうわかりました。
自分が変わると決めないかぎり、自分は絶対に変われない。 本当に自分は変わりたいのか、それが問われています。 自分が本当に変わると決意するかどうか、心に問いかけました。 しばらく時間がかかりました。 でも変わりたい気持ちは、本物でした。 ならば、変わるしかない。 そう思いました。 私は変わる、という決意が湧きました。 その時から私は変わりだしました。
この体験は、自己変革は依存がある限りできないということを悟らされたものでした。 自分は変わりたい。だから誰か変えてください。これではだめなのです。
自分は変わりたい。だから、自分は変わる。そこがスタートだとわかりました。
関連記事:自を変える決意1
http://tanemura2013.b…