スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

心身の健康とエイジングケアのために⑦・・・糖尿病の改善

私が糖尿病対策と加齢対策で、食生活や運動などの生活習慣の改善にとり組んで2か月になります。そこで変化したことや気づいたことについて書きます。
先日、病院で血液検査を受けました。焦点は糖尿病の経過観察です。血糖値の1 ~2か月の平均を示す数値といわれているヘモグロビンA1c(HbA1c)が、3か月前の6.6から6.5に下がっていました。(この数値は国際的なき標準値であるNGSPによるもの) ヘモグロビンA1cの意味については、末尾に専門家による解説を載せましたので、関心がある方はご覧ください。日本糖尿病学会は、正常値を6.2未満と定めていますから、もう少し努力が必要です。
今秋の検査でヘモグロビンA1c(HbA1c)の数値が下がったのは、数値的にはごくわずかの変化なのですが、実は前の検査の時より体重が3キロが増加していたことを勘案すると、非常に大きな変化です。体重が3キロも上がったのに、ヘモグロビンA1cの値が0.1下がった。これは、今まででは考えられないことが起きたのです。
今までは、体重が下がるとH

心身の健康とエイジングケアのために⑥・・・胃の働きを改善する

昨年還暦を過ぎた私は、糖尿病対策のために50代は減量に努力をしてきました。 そのおかげで、10キロ以上減量に成功し、ほぼ標準体重になりました。 血糖値も少し高めですが、薬をつかわないですみました。
60代に入ると、体重を下げても今までのように血糖値、特にヘモグロビンa1c (過去3か月の血糖値の平均を表わす指標)が下がらなくなり、体重が減っているのに数値が微増するようになりました。 そこで、やむを得ずさらに体重を下げる努力をしました。
ところが、標準体重からさらに体重が下がると、身体に力が入らなくなり、頼りない気持ちになりました。 疲れやすくなるだけでなく、ふらつく気がして、力が入らないのです。 人生の推進力が低下し、すごく老けた気がしていました。
そこで私は自分の健康管理の方針を、膵臓の機能を高めるような食事をして、むしろしっかり食べて体重を増やして体力をつける方向に転換しました。 2~3キロほど体重が増え始めると、自分がどっしりしてきて、気持ちも安定してきました。 不思議なことに自信が増してきました。体力が増したので、ものごとに取り組む意欲が増し、持続力や気力が増してきたようです。 痩せていた時の、何となく頼りなく、自分が弱々しくなってゆく感覚と比較すると、大きな違いです。
体重増加に取り組む前の私の食事は、極端な野菜中心の生活で、ほとんど肉を食べていませんでした。
当時の胃の状態をたとえ話でいうと、次のようだったと思います。 私が食べるものは、どんどん腸の方へ下っていきます。まるで穴があいているみたいでどんどん下へ行ってしまうので、胃の中にはほとんど固形物が残らないようです。 そこで、胃酸が出るのですが、流れていった食物の後を追うように出てくるだけで、胃の中でしっかり消化の仕事ができる状態ではありませんでした。 白米は胃にとどまらないし、葉野菜も一緒に流れていきます。ジャガイモも、すぐに流れていきます。 ごくたまに魚を食べるぐらいで、たんぱく質がほとんどありません。 豆腐は食べますが、これも胃にとどまらず流れていくものです。 食べるものが水分が多いので、どんどん流れていくので、固形物が明らかに不足しているようです。
こういう食事だったので、カロリーを抑え過ぎたために体全体が省エネ体質になり、少し仕事をすると疲れを感じるようになっていました。 それで市販の栄養剤を毎日のように飲んでごまかしていたのですが…

日々の心の見つめ方

毎日の生活の中で、心を見つめるにはどうしたらよいのでしょうか。 カウンセリングを深めるためにも、このことはとても重要なテーマです。 まずここではポイントだけを述べたいと思います。
心を見つめるうえで一番大切なことは、自分の感情に気づくことです。 「イラっとした」 「不安に思った」 「悲しいと思った」 「グサッときて心が折れた」 「もういい加減にしてよ、と切れた」
私たちの心の中には、こうしたさまざまな感情が湧き上がります。 その感情の瞬間に気づき、それを覚えておいてください。
人は、思考や記憶は失われやすいのに比べて、感情は忘れにくいものです。 それでもささやかな感情の動きは、その瞬間を覚えておこうと思わないと、思い出すのに時間がかかります。
一日の仕事が終えたとき、その日に経験したいくつもの感情を思い出そうとしてください。紙に書きだすのもいいと思います。
いくつもの経験した感情を思い出したら、その中で一番気になるものを選んで下さい。 その気になる感情に焦点を当てます。 先ずその時の感情をじっくりと味わいます。 するとその時に自分がどう感じ、何を感じていたのかが、蘇ってきます。 その感情がどう発展したのかも、見えてきます。
ある程度それを味わうと、今度は「どうしてそう思ったのだろう?」と問いを発してみてください。 「相手の言葉をそういう受け取り方をしたのはどうしてか・・・」 「いつもとは違う感情が起きた理由はなんだろう・・・」

心身の健康とエイジングケアのために⑤・・・腎臓の機能回復

膵臓を健康にする取り組みを始めてから私の心に小さな変化がありました。 考え方が前向きになってきたのです。 体重も2キロほど体重が増えました。 それによって身体がどっしりとしてきて、なんとなく頼りない感じが消えてきました。 それと並行して自信が増して、前向きの意欲がでるようになりました。 身体の変化は心の変化と直結しています。
今回は私の腎臓の健康について書きたいと思います。
還暦を迎える数年前から、頻尿が気になっていました。 頻尿は、トレノ回数が増えることで、一番困るのは夜中にトイレに行く頻度が増え睡眠不足を招くことです。
この頻尿は、腎臓の機能が低下していることから来ることがあります。
<前立腺肥大や過活動膀胱などが原因のときは、1回に出る尿の量は少なめになります。・・・ ところが腎機能低下である場合、毎回多量の尿が出ます。腎臓の機能が低下すると、体内に毒素が溜まるのを防ごうとして多量の尿を作るのです。この症状は、腎機能が低下し始めた初期の時に出るものなので、ここで異常を発見できれば、腎臓の状態を保つこともできます。ぜひ、サインを見逃さないようにしたいですね。> (引用先)http://www.lebronjamesonsale.com/hinnyou.html
私は中学2年生の時にネフローゼという腎臓の病気にかかり、1ヵ月間入院したことがあります。再発はしませんでしたが、中学時代のネフローゼの影響は、片方の腎臓にダメージとして残っています。そこに加齢が加わり、腎臓の稼働率はだいぶ低下していたようです。その結果の頻尿でした。 ですから、私の頻尿は腎臓が弱っていることを知らせるサインだったのです。
腎臓も、栄養剤やサプリなどの〇〇剤の影響は受けていました。 長年疲れを取るためにいろいろな○○剤をのみ続けてきたので、やはりその影響は腎臓もまぬがれません。
○○剤が体内に入り腎臓に到達すると、腎臓が興奮状態(ハイ)になります。 それは人工的にハイの状態になるので、その反動として落ち込みます。ハイの反動ですから、腎臓は疲れるわけです。 こうして腎臓は、いわば情緒が不安定化し、興奮と落ち込みのはざまで分裂症気味になっていたと言えます。 ○○剤を飲んでいた期間が数十年になるので、影響を受けた内臓の回復にも時間はかかると覚悟しなければなりません。
私の腎臓の回復には、人工的な栄養剤や○○錠をやめることは当然ですが、次…

心身の健康、エイジングケアのために④・・・膵臓の機能を向上させる

1.身体と心の密接すぎる関係
色心不二という言葉がありますが、これは身体と心の働きがいかに密接に関係しているかを教える言葉です。日ごろさまざまな人の心を見つめ、心の成長を願っている私も、身体面からのアプローチは不可欠だと感じています。
ただし、私は医学の専門知識はありませんので、あくまでも私個人の経験を公表することで、読者の方への良き刺激となることを願うのみです。
私は30代に急性膵炎を患って、1か月ほど入院したことがあります。ストレスと過食が主な原因だったと思います。その後も、脂肪肝という診断が出ていたように、ストレスからくる過食は止まりませんでした。しだいに血糖値が上がり、リストラを経験した40代の前半には、検査入院を勧められるほど血糖値が上がりました。膵臓の機能が非常に低下した証拠です。
その後、食生活の改善に取り組んだり、散歩などで運動量を増やし、糖尿病の薬がいらないところまで改善しました。体重も50代には10キロ以上落とし、血糖値も正常値よりもやや高めぐらいを維持できるようになっていました。
しかし、60歳を越えたころから、従来の努力では期待したような結果が出ず、もう一度年齢に合わせた生活習慣の総見直しをしなければいけないと思うようになりました。
そこで専門家の助けも借りながら、私の膵臓の状態を診断し、膵臓の機能が向上する生活習慣を築くように努力しています。まだ始めて日が浅いので数値の明確な結果は出ていませんが、体調は確実によくなっているので、途中経過ですが私の事例を書いてみたいと思います。
2.働かなくなっていた膵臓
一言でいうと、私の膵臓は怠け者になっていました。つまり昼寝しているような状態で、きちんと仕事していなかったということです。 その最大の原因は、私の栄養剤や疲労回復のサプリやエナジードリンクへの長年の依存でした。 膵臓だけではないのですが、私の内臓たちの気持ちを代弁すると、こうなるようです。
「俺たちが頑張るから健康を維持できているのに、本人は〇〇剤に頼って、疲れが取れたのも〇〇剤のおかげだと思っていて、ちっとも俺たちへの感謝がない。それなら俺たちは仕事したくない。」
このブログで数回書きましたが、疲労回復のための〇〇剤への依存は、実は自分の身体への不信の現れでした。自己信頼の欠如です。身体の器官を信頼していないし、日ごろその働きに感謝しないから、きちんと働いても…

変化が必要な時・・・行き詰った状態を変えるには

私は、職業を変える必要がある時が、何度かありました。そういう時は決まって、それまでの職業で成長の限界が来ており、元気がなくなっている状態が慢性化していました。
夜明け前は最も暗いものです。過去の最悪の時に自分自身の心身の状態がどうだったかを振り返ることは、同じような局面に差し掛かっている人にとっては、役に立つかもしれません。また私自身も、当時のことを振り返って今その時の反省が生かせているか、時折は点検する必要があります。その意味で、行き詰まりの極致にいたときの自分の内面を振り返ってみたいと思います。
当時の身体の状態は、丹田のある下腹部のあたりがカチカチに固くなっていました。まったく柔軟な思考ができない状態で、その精神状態と身体は連動しているようでした。胃も固くなっており、指で押すと痛みを感じました。これは心労の現れでもありました。
その時の私は、一つのことから一つのことしか学べない、硬直した思考の状態でした。あることが起きたら、その原因はいろいろあるはずです。少なくとも3つぐらいの原因が複合的に関わっているはずです。にもかかわらず一つしか考えられませんでした。
家庭でも職場でも、自分のことばかり考えており、一人の生活については考えていても、一緒にいる人との生活や一緒に仕事する人々をカバーする考え方ができませんでした。
知識を仕事の適用するときに、その知識が本当かどうかを自分が実際に確かめないまま、ある本に書いてあったからというだけで信じて使おうとしていました。それがどういう結果をもたらし、どういう点に注意しなければならないか、さまざまな可能性や危険性を確かめないままです。 これは、たとえて言うと食材を発注するために在庫確認するのに、アルバイトの人に確認してもらった数を鵜呑みにして、責任者の自分は直接確認しないようなものです。これでは誠がないと言われても仕方がありません。
当時は自分の失敗や苦しみについて、誰かの責任や他人からの影響を常に考えて、それを言葉にも出していました。自分こそが問題であるにもかかわらず、他者の影響ばかり気にして、自分が抜け落ちているのです。 百歩譲って、もし自分が誰かの影響を受けたとしても、それを呼び込むきっかけになる行動を自分はしたはずです。それをこそ振り返る必要がありました。
まず自分の内側を問題にして、内に問いかけるのは、杉の木のようにまっすぐ上へ伸び…

心身の健康、エイジングケアのために③・・・入浴の効果

1.入浴は疲労回復につながる 疲労回復のために今まで利用していた〇〇錠をやめたのち、どうして疲れを取るかは工夫が必要でした。トマトはその一つですが、もう一つ重視しているのが入浴です。以前は疲れたときでもシャワーで済ませることが多かったのですが、疲労回復と内臓(私の場合はとくに膵臓)の働きを活性化させるためにも、入浴が不可欠だと考えるようになりました。 入浴のおもな効用には3つあります。 ① 温熱効果により血めぐりがよくなる水圧によるマッサージ効果がある浮力によるリラックス効果がある 2.温熱効果 入浴の温熱効果というのは、湯船につかって身体が芯から温まることで生れる効果のことです。 入浴して身体があたたまると血管が拡張しますので、血流が良くなります。血流が良くなると身体にたまった老廃物や疲労物質が身体の外に排出されます。その結果疲れが取り除かれます。また身体が温まり血流がよくなると内臓の働きを活発にします。さらに入浴は自律神経の調子を整える効果もあります。これらが温熱効果といわれるものです。 お湯の温度によって、温熱効果には違いがあります。42℃以上のお湯につかると、交感神経が活発になり、しゃきっと目が覚めた状態になります。だから朝湯に適しています。 でも37℃から40℃のぬるめのお湯につかると副交感神経が働き、リラックスし、気持ちを落ち着かせる効果があります。寝る前にはこれが適しています。一般に体温より4度ほど高い水温がよいといわれているので、最適温度には個人差があり幅を持たせているのだと思います。 ところで、むくみを解消する効果について考えていきたいと思います。 実はむくみはストレスと密接に関係しています。ストレスなどで交感神経が優位になると、筋肉がかたくなって血液もリンパも流れが悪くなります。つまりむくみが起きます。むくみが生じると老廃物や疲労物質が排出されないだけでなく、栄養や体温も運ばれないので、冷え性、肩こり、疲れがとれないなどの不調もあらわれてきます。 これを緩和するには、お湯に腰の上までの半身浴をするのがよいようです。何故かというと、全身の筋肉の70%が足にあり、その血行がよくなり足のむくみが緩和されてくると、全身の疲労回復につながるのです。 入浴時間ですが、20分から30分で、汗ばむ程度がよいようです。湯船に10分つかると、体温は約1度アップすると言われています。…