スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

洗脳解除に役立つ本

洗脳問題で悩んだり、家族を救いたいと思って連絡くださる方が数多くいらっしゃいます。そうした方には電話でも面談でも基本的なことをお伝えしているのですが、実際にやってみるとしばしば壁に突き当たるのが現実です。
そこで洗脳問題で家族を救いたいか、自分を救いたいと思っている方に、是非読んでほしい本をご紹介したいと思います。読みやすく、かつ良心的な本としてお勧めできるのは、次の一冊です。
岡田尊司著『マインド・コントロール』文芸春秋

これを読めば洗脳解除に関する基本的な知識が学べるために、洗脳解除で犯しやすい失敗を未然に防げます。また自分が経験したことが洗脳か否かを判断できると思います。
本書に書かれている一番の要点を、かいつまんで紹介します。一番知ってほしいことは洗脳の5つの原理です。
洗脳の第1原理:情報入力を制限する、または過剰にする
人間の脳は情報処理装置ですが、脳のもつ思考パターンや行動パターンに変化を引き起こす二つの極端な手段があります。
一つは極端に情報入力を低下させ、情報飢餓状態に置くことです。人間の脳は情報に飢えた状態(一番強烈なのは感覚遮断状態)に置かれると、どんな情報でも、与えられた情報を取り込んでしまいやすくなります。隔離して外部の情報が入らないようにして特定の情報だけ与えられると情報の過剰吸収が生じて、極端な思想でも受け入れてしまうのです。
もう一つは、情報過剰状態にすることです。人間の脳は常に膨大な情報にさらされると、脳はキャパオーバーの状態になり、主体的情報を取捨選択できなくなり、考える力も失ってきます。すると入ってくる情報を鵜呑みにするようになります。カルトなどで大量の教祖の説法を聞かせ続けられた信者が、強力な洗脳状態にされるのは、このケースです。
洗脳の第2原理:脳を慢性疲労状態に置き、考える力を奪う
洗脳の第一原理をさらに強化するために使われるのが、この第二原理です。脳を慢性疲労の状態におくことで、脳のキャパシティを低下させ、思考力をうばうのです。
方法としては、隔離して貧しい食事しか与えないで生理的に脳を栄養不足にするか、過剰な情報を途切れなく与え続けることで、脳が処理能力をオーバーした状態を作り、脳の疲労をまねきます。睡眠時間を削らせて脳の判断機能を低下させる方法も使われます。
機関銃のような営業トーク、教祖の音声を常に聞かせる教育指導、研修合宿等での栄養不…