スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

1月, 2016の投稿を表示しています

(投稿)「陽」と「陰」

<紹介>経営コンサルタントをされているカウンセラー「大」さんからの投稿です。経営者の経験から学ぶ成功へのヒントが、読者の参考になると思います。
<投稿>
先日、あるクライアントと話をしたときのことでした。 前期は会社の危機的状況を乗り越え、大変苦しい思いをした社長でした。 今までの経営の対する心構えが甘かったと十分に反省をしておりましたが、 その中で、「勾玉」の話をしておりました。 よく見かける、勾玉が2つ重なって円になっている構造のものですが、 この円が回っている状態が、この世界の構造を良く表しているということでした。 白い部分は「陽」の部分、黒い部分は「陰」の部分を表しており、 この世の中は、「陽」と「陰」が絶え間なく繰り返し現れてくる。 巷では、「陽」の部分、自己啓発や自己実現、幸運の追求などに目が向きがちであるが、 この「陰」の部分についても目を向けていかなければいけない。 そして、この円の構造から、「陽」が最大になってときに、「陰」が現れ始め、 さらに円を回していくと、一気に「陰」で覆われてしまう。 逆に、「陰」が最大になったときに、「陽」が現れ始める。 つまり、絶好調の時に、堕落の芽が出始め、放っておくと一気に転落してしまう。 今までの自社の経営とは、まさにこれであった。