2016年1月1日金曜日

(投稿)「陽」と「陰」



<紹介>経営コンサルタントをされているカウンセラー「大」さんからの投稿です。経営者の経験から学ぶ成功へのヒントが、読者の参考になると思います。

<投稿>

先日、あるクライアントと話をしたときのことでした。
前期は会社の危機的状況を乗り越え、大変苦しい思いをした社長でした。
今までの経営の対する心構えが甘かったと十分に反省をしておりましたが、
その中で、「勾玉」の話をしておりました。
よく見かける、勾玉が2つ重なって円になっている構造のものですが、
この円が回っている状態が、この世界の構造を良く表しているということでした。
白い部分は「陽」の部分、黒い部分は「陰」の部分を表しており、
この世の中は、「陽」と「陰」が絶え間なく繰り返し現れてくる。
巷では、「陽」の部分、自己啓発や自己実現、幸運の追求などに目が向きがちであるが、
この「陰」の部分についても目を向けていかなければいけない。
そして、この円の構造から、「陽」が最大になってときに、「陰」が現れ始め、
さらに円を回していくと、一気に「陰」で覆われてしまう。
逆に、「陰」が最大になったときに、「陽」が現れ始める。
つまり、絶好調の時に、堕落の芽が出始め、放っておくと一気に転落してしまう。
今までの自社の経営とは、まさにこれであった。
絶好調の時に、だだそれに乗っかっただけで、脇が甘くなり、
人材教育や、経営基盤の強化などを怠り、かすかに出始めた「陰」の部分を見逃してしまった。
今後は、この陰の部分について注意をし、かすかな変化も見逃さないようにしたい。
こうしたことを、苦しかった経営の中で掴んだようでした。

その話を聞いて、私も大いに反省することがありました。
今年になってから、急に仕事が忙しくなり、細かな部分に目が行き届かなくなり、
こうした「陰」の出始めに対する注意を怠ってきました。
その影響が、今になっていろいろなトラブルとして発生している状況となっていました。

この社長は、「自分は、自己実現とかプラス思考など、そうした「陽」の部分のみを見てきた。
でも、人生というのは、陽と陰のバランスが大切だということがわかった。
継続的な発展の為には、こうした見方が大切なんだということがわかった。」
と、しみじみと語られていました。

人生成功や、プラス思考などの「陽」の部分というものは、とても魅力的で、だれでも
得たいと思うものです。
苦しみもなく、楽しいことだけであったら、なんと生きやすい世の中でしょうか。
しかしながら、こうした「陽」と「陰」のバランスという視点から考えた人生の生き方や、
「陰」の中にも、人を成長させる要素があり、とても大切な要素であること、
晴れの日だけではなく、雨の日も、できれば避けたいものであるけれど、必要不可欠なもの


決して「陰」の部分を望むべきものではないけれども、こうした視点が大切であると感じました。(「大」)

<ご案内>
種村トランスパーソナル研究所ではカウンセリングを行っています。

直接お会いする対面カウンセリングとともに、電話カウンセリングやメールによるカウンセリングも行っています。
相談してみたいと思われるかたは、遠慮なくご連絡ください。
℡090-8051-8198 (メール)tanemura1956@gmail.com
カウンセリングルームは、JR常磐線・我孫子駅(千葉県)南口から徒歩10分にございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿