2015年7月8日水曜日

境界性パーソナリティ障害18・・・その原因




 1.愛着障害


 境界性パーソナリティ障害は現在急増しているのですが、その原因は環境要因、特に育った家庭環境によるところが最も多く、次いで子供の頃のいじめなど傷ついた経験が影を落としています。それに比べると遺伝的要因はやや小さいと思われますが、無視はできないといわれています。結局、「境界性パーソナリティ障害になりやすい傾向を持った人が、不利な環境に置かれた時に、発症しやすくなる」と考えられています。


境界性パーソナリティ障害の人の親も境界性パーソナリティ障害であるというケースは少なくありません。この障害は世代間伝達しやすいのです。


 環境要因では家庭環境が一番重要ですが、まず考えられるのは、乳幼児期に母親と安定した関係が築けなかったことです。母親と子どもとの情緒的な信頼のきずなを心理学では「愛着といいますが、愛着関係が損なわれると、基本的信頼感基本的安心感が持てず、情緒が不安定なパーソナリティにやすいことが知られています。


ごく幼い時に育児放棄されネグレクトを経験すると、子供は周囲に無関心で誰にもなつかず愛着を示さないタイプの愛着障害を示します。

しかし、もう少し年齢が上がってから母親の愛情を喪失した子供は、しばしば誰かれかまわず懐(なつ)くというタイプの愛着障害を示すようになります。この時、なつく対象となる人がいなくなると、割にあっさりと切り替えて、すぐにまた別のかまってくれる人になつきます。このパターンを繰り返す傾向が見られます。


これは境界性パーソナリティ障害の人かよく示す愛着のパターンと、非常によく似ています。それは、「振り向いてくれる人」には、ほとんど見境なく、しがみついていこうとする。しかし、その人がいなくなれば、またすぐ別に、「依存する相手」を探すというものです。


境界性パーソナリティ障害の人は、深刻な愛情飢餓感を抱いていますが、その根っこには愛着障害があると言われています。幼少期に親に愛されなかったという愛情飢餓感や、見捨てられ不安の経験が心の傷として長く残っていて、それが癒されないのです。



2.母子分離にまつわる障害


 境界性パーソナリティ障害の人は、一つの共通した生育上の経験を持っていると言われています。それは「母親のひざ元から最初の自立を成し遂げていく時期」(1歳~3歳)に、「愛情や関心が適切に与えられず」、親から分離し自立してゆく過程を「うまく卒業できなかった」という特徴です。


 1歳から3歳は、乳幼児が母子一体感の感覚から抜け出して、母親から離れて一人でいられるようになる親離れの重要な時期です。特に2歳ごろから、歩行ができるようになると母親から離れていこうとする反面、母親がいなくなることへの不安(分離不安)がつのり、過度に母親に密着する時期(再接近期)を通ります。

この間に母親から離れても、常に変わらない母親の暖かいイメージが自分の中に確信できるようになると、安心できて、母親離れができます。この安心できる母親のイメージが心の中に確立することを、心理学では「対象恒常性の確立」といいますが、これができないと「安心感の心の基盤」ができず「空虚感」が生まれやすくなります。そして「親離れ」ができにくくなります。


 現実に、境界性パーソナリティ障害の人の成育歴を調べると、1歳から3歳の時期に、両親が離婚していたり、母親が病弱だったり、家族の問題に母親のエネルギーと感心がとられていたり、母親が仕事に出て関わりが薄くなったり、祖父母が子育ての主導権を取っていたというケースが多いようです。

つまり母子分離という子供の成長にとって特に大事な時期に、愛情面で不安定な状態に置かれていたケースが多いわけです。境界性パーソナリティ障害の人のもつ中核的な症状である「見捨てられ不安」は、そこにも原因があるといえます。



3.不認証環境


 弁証法的行動療法という境界性パーソナリティ障害の治療法を確立した心理学者リネハン氏は、境界性パーソナリティ障害の人が育った家庭には、次のような特徴が見られるといいます。


本人が安心や自身をもてるように、よいところを褒(ほ)めたり、ポジティブな視点で評価を与えたり、その人を肯定するという点が不足していることが多い。悪い点ばかりをけなしたり、本人の努力に関心を払うこともなくネガティブな烙印を押したり、その人を否定したりすることが多い


 こうした非共感的で、独断的で、子どもの自信や尊厳を奪ってしまう環境を、リネハン氏は「不認証環境」と命名しました。これが境界性パーソナリティ障害の発生母体です。境界性パーソナリティ障害の人は自己否定感が強いのですが、これは「不認証環境」の産物でもあります。


 不認証環境を作る家庭には、「一見して横暴で、気まぐれで、不安定な親によってしきられている場合」があることはもちろんですが、まったく逆のケースもあります。リネハン氏は、「極めて折り目正しく、学歴や教養も高く、善良な親によって、営まれる場合もある。どちらも、親によって支配され、子どもの気持ちは、あまり汲み取られていないという点で共通している。」と指摘しています。


 問題は、どちらの場合も、親自身はそうした家庭を不健全だと気付かず、それが正しいか当たり前だと思っていることです。自分もそうした家庭で育ってきた場合には、問題点に気が付きにくいのは当然です。


 不認証環境の家庭で育ち、親によって「あたかも無意識的なプロセス」として植え付けられた自己否定的な評価や見方は、本人の「身体の中に、血肉となって刷り込まれ」ています。ですから自己否定感は非常に根深く、これを変えることは大変な労力を必要とするのです。


 親の価値感に沿って一生懸命努力して自分の気持ちを抑えてきた「よい子」は、どこかでその努力が限界にぶつかると、「親から見捨てられる」という不安がでて、うつになることがあります。実際に「失敗者」の烙印を家庭の中で押されて、他の兄弟に親の関心が向かい「見捨てられ」経験をすることもあります。

もしいつまでも親の価値感に適合した「良い子」であり続けられても、決して安全ではありません。「その子が、本当の自分というものを見つけ出そうとしたとき、あるいは、それまで親の価値感にのっとって築いてきたものが、壁にぶつかり無効とされたとき、もっと大きな打撃を蒙る」こととなるからです。この時に、その人のアイデンティティは崩壊し、空虚感親への怒りに支配されていくのです。


 この「不認証環境」という問題は、一見機能しているように見える家庭でも、よくありがちな問題です。それだけに、境界性パーソナリティ障害には、決して特別な家庭だけの問題ではないのです。


(参考文献)岡田尊司著『境界性パーソナリティ障害』、カッコ内の引用は本書からのものです。

(注)親の側の問題を取り上げていますが、その親も、同様に厳しい環境で育っていることが少なくありません。また、子育ての時に、夫や家族から適切な心理的物理的な支援が得られない母親は、子どもに安定した愛情を注ぐことが難しくなります。ですから教育は母親の問題として、母親を裁くことは避けなくてはならないと思います。
 

<ご案内>
種村トランスパーソナル研究所ではカウンセリングを行っています。
対面のカウンセリング以外にも、電話カウンセリングやメールでのカウンセリングも受け付けています。遠慮なくご利用ください。ご連絡をお待ちしています。
電話09080518198
メールアドレスtanemura1956@gmail.com
カウンセリングルームは千葉県のJR常磐線・我孫子駅南口から徒歩10分の場所にございます。

2015年7月2日木曜日

境界性パーソナリティ障害17・・・3つの基本的障害



1.基本障害と背景にある問題


境界性パーソナリティ障害は、さまざまな心理療法家によって研究されてきています。その研究の結果明らかになったいくつかの特徴的な傾向をご紹介しておきたいと思います。これは自分や家族が境界性パーソナリティ障害ではないかと気になる方や、もっと境界性パーソナリティ障害を理解したい方の参考になると思います。


境界性パーソナリティ障害の方は、基本的な3つの障害を抱えています。


①心の統合機能や自我が脆弱である。


②情動のコントロールがきかない。


③二分法的(白か黒か)で自己否定的な認知をする。



そうした障害を生む背景には、二つの大きな問題が潜んでいます。それは次のような問題です。


①見捨てられ体験に基づく愛情飢餓や親との葛藤を経験している。


②傷ついた不安定な自己愛をもっている。



今回と次回の両方に分けて、これらのポイントをご紹介したいと思います。




2.基本的な障害


①統合機能や自我の脆弱性


ごく簡単にいうと、良心や欲望、感情、理性などを統合して、内面の葛藤を調整してゆく力を「統合機能」といいます。

統合機能が弱い人は、自分がしっかりとした枠組みを作れないので、何を話しても受け入れてもらえるような受容的な状況におかれると、かえって情緒が不安定になります。話がとりとめがなくなり、非現実的で極端な方向へと話が進み、話しているうちにひどく動揺して情緒が不安定になってくるのです。

こういう方には「可能な限り明確な枠組みを設定し、あいまいな対応をしない」ことが大切です。



自他の境界があいまいになる


境界性パーソナリティ障害の人は、自分と他人の境目があいまいで、十分に区別ができないという特徴があります。特にストレスを受けたときや、枠組みがはっきりしていない状況、さらには親密で依存した関係でそれは発生しやすくなります。

甘えが許される恋人や母親などに対しては、とりわけ自分と他人の境界が見えにくくなります。自分がイライラしている時は、相手のイライラしているように感じて気分を害します。自分と相手の感情を混同してしまうのです。

自分が疎外感を感じているとき、相手が自分のことを邪魔者扱いにしていると感じてしまいます。投影と言われる現象です。

さらに、相手の気分に飲み込まれ、巻き込まれやすいのも、大きな特徴です。



基本的安心感を持てない


自我が十分に強く発達してなくて、他者と自分を混同しやすいという傾向は、他者からの影響を受けやすいということです。

これは、その人の中に他者が絶えず介入し、その安全や主体性を脅かしてきたことの名残(なごり)です。肉体的、情緒的に虐待を受けて育った人は、特にそれが顕著です。

その結果として、「いつも周囲から脅かされている」と感じやすく、他人を心から信じたり、受け入れたりすることができにくいのです。

ですので自分が常に守られているという基本的安心感がありません。安心感の基盤がないので、自分が独立した存在として自立することに、強い不安と恐れを抱きます。これは心理的に母子分離ができにくい状態です。




②情動のコントロールが効かない


対象との関係の未熟さ


イギリスのある高名な精神分析医が子どもを観察して気がついたことですが、乳児は、よくお乳が出るオッパイは「良いオッパイ」なのでご機嫌ですが、お乳が出ないと「悪いオッパイ」だと見なして怒ります。どちらのオッパイも同じお母さんであることが理解できず、瞬間瞬間の快不快に心を奪われて、まったく別物とみなします。

この状態では、自分の欲求充足が邪魔されると、これまで満たされていたことを忘れてしまい、その瞬間での不満が心の全部をしめ、怒りを爆発させて、泣きわめいたりします。

境界性パーソナリティ障害の人が怒りを爆発させるときはそれと似ている点があります。全部を「悪い対象」のせいにして、怒りを爆発させ、攻撃します。その時には、その「対象」がこれまで自分に対して「良い」ことをしてくれたことを、忘れています。

こうした対象(人)との関係の未成熟さが特徴で、それは成人であっても出てくるのです。



躁(そう)的防衛


問題が起きた時、自分に非があると受け止めて、うつ状態になった打ち沈んだ状態を「抑うつポジション」といいます。そして、それを避けるために強気な態度を取り、自分を守ろうとするメカニズムを「躁的防衛」と呼びます。

境界性パーソナリティ障害の人は、うつ状態になるのを避けるために、心にもない強気な態度や居丈高な態度を取ることが少なくありません。これは「躁的防衛」なのですが、何かの事情でそれがうまくいかなくなると、急に弱気になり、すべてが駄目だと思いこんで、深く落ち込みます。

周囲の人はその人の「躁的防衛の鎧(よろい)」を真に受けないことが大切です。突っ張って強気で振舞っていても、本心は自分の非を感じて恐れているのです。それを感じ取ってあげましょう。



過去の対人関係の亡霊の支配


境界性パーソナリティ障害の人は、しばしば初対面のカウンセラーを理想化し、「求めていた理想の人についに出会った」と感激することがあります。

でもその後の面接で思い通りの展開にならなかったときには、カウンセラーの欠点を厳しく指摘して決別することがあります。

カウンセラーは面食らうのですが、このとき境界性パーソナリティ障害の人は、「並列的な影武者」を経験しています。その人は、「目の前の人(例えばカウンセラー)」を相手にしながら、それと並行して、過去において、その人に関わった人物を相手にしているのです。これが並行的な影武者です。

こうした心理特性をもつので、境界性パーソナリティ障害の人の支援者は、その人と関係があった他の人物との関係にも間接的に巻き込まれていくことがよくあります。これには注意が必要です。

「あれっ」と感じたときは、過去の対人関係や親子関係を聞いて、それを理解し、いうならば「過去の亡霊の支配」からその人が解放されるようにしていく必要があります。



本心とは逆の反応


境界性パーソナリティ障害の人は、「基本的信頼感」の乏しさから派生するものとして、本心とは真逆の反応をすることが、よくあります。

「愛情が欲しいのに、背を向けたり攻撃してきたりするという逆説的な反応」は、愛情飢餓や見捨てられ不安の中で幼年期を過ごした人にしばしば見られる反応です。

愛情飢餓の中で育った子供が養子になったとき、わざと困らせたり、陰で悪いことをしたり、養父母の信頼を裏切るような行動をすることがあるのもその一つです。これは養父母の愛情が本当に信頼できるものであるか否かを試しているのです。

こうした逆説的な行動への対処として一番大切なことは、「表面の行動」に反応せずに、「その根底にあるもの」を汲み取った対処をすることです。本当は信頼できる愛を求めて苦しんでいるのですから。



情動のコンロトールができない


情動とは、「怒りや悲しみといった、生存に関わる強い感情のこと」をいいます。情動のコントロールがうまくいかない状態というのは、ささいなことでも過剰な反応を生じたり、極端な言動をすることです。

境界性パーソナリティ障害の基本的な障害は、「情動のコントロール不全」なのです

根本は情動のコントロールができなくて、感情や気分が極端に変動するので、行動面でも、対人関係でも、自己同一性でも、認知の側面でも、不安定でコントロールを失った状態が現れやすいのです。

情動のコントロール不全の問題には二つの側面があります。
一つは、気分や感情のコントロールが効かず、気分のアップダウンが激しいことです。
もう一つは、とても傷つきやすく、一見ささいに見える出来事に対して、過剰な情動反応をすることです。これは、トラウマ経験が心に深い傷を作っているために、そうした反応が起きてくるのです。



③二分法的で自己否定的な認知


「認知」というのは、外界からの情報の受け止め方のことです。外界の情報の受け止め方である認知が適切なものに変わると、情動も正常な状態になります。

ところが境界性パーソナリティ障害の人は認知には特有の歪み(特徴)があり、両極端の二分法的な認知に陥りやすいのです。この認知の歪み(特徴)が境界性パーソナリティ障害の根本障害の一つです。

二分法的な認知があると、白か黒か、0か100か、成功か失敗か、敵か味方か、という具合に、中間やグレーゾーンがなく、両極端な見方をするようになります。それに伴って、感情も両極端にぶれるのです。


「一つでもうまくいかないことがあると、それまでの積み上げが全部無駄に見え、すべてがうまくいかないように見え、いやになって投げ出したくなる。」
「失敗したら後戻りができない。喧嘩して、また仲直りするということが考えられない。失敗したら、逃げればいい、会わなければいい、見なければいいと思ってしまう。」


二分法的な認知を持つと、こういう反応をするようになりますが、これは境界性パーソナリティ障害の特徴です。

一番よく見られる二分法的認知に基づく反応は、初めのうちは相手を過剰に理想化するのですが、少しでもアラ(粗)が見え始めると急に失望を感じ、今度はすべてをけなし始める、というパターンです。



不幸を引き寄せる二分法的認知


境界性パーソナリティ障害が引き起こす厄介な問題は、自分の思い通りになる人は「いい人」、思い通りにならない人は「悪い人」として接するために、その人を取り巻く人々をどちらかのグループに分断して対立させてしまうことです。

こういうことが起きます。まず「いい人」には、「悪い人」からされた仕打ちを訴えます。それによって同情を引き、加えて「いい人」を徹底的に持ち上げるのです。すると「いい人」はさらに救済者を演じるようになり、「悪い人」は甘やかしているだけだと非難することで非情な迫害者の役柄を演じるようになります。やがて「いい人」と「悪い人」が互いに反目を始め、患者が入院した病院であれば、医者や看護婦が二つに分かれての争いの中に投げ込まれていくのです。

これは境界性パーソナリティ障害の人の心の中にある二分法的認知が、援助する側にも移って巻き込まれた状態といえます。

境界性パーソナリティ障害の人の苛立ちや怒りは強烈ですので、しばしば家族や援助者に燃え移ります。


二分法的な認知は「歪んだ認知」です。それは現実ではないし、99%努力しても、残りの1%に欠点があると、その努力はゼロとみなされてしまい、結局不幸になるだけという結果を招きます。これは本人を害します。

ですから境界性パーソナリティ障害の克服には、この「認知の歪み」を理解し修正する努力が必要となります。

もっとも、二分法的思考はよくある認知でもあるので、「認知の歪み」という表現には抵抗がるかもしれません。その場合は、「認知の特徴」という表現でも良いと思います。しかし何と呼ぼうと問題は、その認知の特徴が、本人や周囲を生きにくくさせていることです。



アンビバレントな感情


境界性パーソナリティ障害の人は、相反する認知や感情が両方併存するという特徴があります。

これは「アンビバレント」と呼びますが、「両価性」とも言われます。両価性とは一つのものに対し、矛盾する感情や認知が存在することをいいます。

「愛している」と「憎い」という二つの感情が併存するのは、たとえば親を「愛する」という気持ちがある反面、親に捨てられるに違いないという思いから「憎い」という感情も併せ持つようになるのです。

同時に相反する二つの感情や考えが生まれるという特性をもつ境界性パーソナリティ障害の人に接するには、その人に「いいこと」だけを言わせようとすると、心の中にその正反対の考えが影のように育って膨らんでいきます。ですから、「いいこと」も、「悪いこと」も、両方話してもらう工夫が必要です。


本人が「両方の気持ちがあって当然なのだ」ということを理解し、ありのままに受け止め、ありのままに口にすることが、アンビバレントを改善し、バランスのよい統合を助ける道なのです。



続きはこちらです。

http://tanemura2013.blogspot.jp/

<ご案内>
種村トランスパーソナル研究所ではカウンセリングを行っています。
対面のカウンセリング以外にも、電話カウンセリングやメールでのカウンセリングも受け付けています。遠慮なくご利用ください。ご連絡をお待ちしています。
電話09080518198
メールアドレスtanemura1956@gmail.com
カウンセリングルームは千葉県のJR常磐線・我孫子駅南口から徒歩10分の場所にございます。

(参考文献)岡田尊司著『境界性パーソナリティ障害』(幻冬舎新書)