スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2015の投稿を表示しています

わかりやすい境界性パーソナリティ障害⑤・・・対策(2)心の傷を癒す

1.深刻な心の傷


境界性パーソナリティ障害を持つ人の7割近くは、さまざまな虐待やネグレクト(育児放棄)などの深刻なトラウマ経験をしていると言われています。

約3割の人は、特にそうしたことがなくても、子育て中に親自身が大変だったり、子どもの心に共感できにくいパーソナリティの親の元で育つなどの原因で、何らかの心の傷を持つことが多いようです。


よくあるケースは、虐待やネグレクトの体験があり、それがいつまでも尾を引いて親へのこだわりとなったり、深い自己罪悪感を持ったり、愛情飢餓が抜けなかったり、親と同じことを子供にする自分に苦しんだりすることです。


そうした過去の傷は、一度過去を丁寧に思いだして、吐き出し、そこで本当はどういう経験をしたのかを洞察する必要があります。そして自分の物語に統合することです。これがうまくいくと、その心の傷は癒されます。


通常、深刻な過去のトラウマ経験は、自己防衛のためにその経験が氷漬けになっていて、思いださないようにしています。何かの拍子で思いだすと、うつや恐怖を味わい、フラッシュバックではあたかも今虐待を受けているかのような、生々しい経験を味わいます。

ではいつまでも氷漬けにして、記憶の海に沈めておけばいいのかというと、氷になった心のエネルギーはつかえない状態ですので、生命力が低下したままです。

また、必死で抑圧していた記憶が、夢に再現されたり、フラッシュバックとなって出てきたり、潜在意識に押し込めたはずの記憶の奔流があふれ出して苦しむこともあります。



2.受容される経験が必要


そこで過去の記憶と向き合う必要があるのですが、この作業は一人ですることをお勧めできません。「過去」に飲み込まれていく可能性が高いからです。どうしても、話を受容して聴いてくれる人との出会いが必要だと思います。

誰にも言えずに一人で抱えていた経験を、誰かに受け入れてもらい、共感的に理解してもらうことが大切なのです。そうすれば心が楽になります。


わかりやすい境界性パーソナリティ障害④・・・自分で取り組める対策(1)

境界性パーソナリティ障害を克服するには、自分の心の内にあるものに向き合って、それを明確な形でとらえることが必要になります。


この障害を持つ人は、「良い自分」と「悪い自分」がばらばらになっているのに、それに気がついていません。あるいは「自分」と「他人」の生き方や感じ方を同じもののように見なしてしまうため、無意識のうちに相手をコントロールしようとします。そして、そのことにも気がついていません。その結果、激しい不安を持ったり、期待通りに相手が動いてくれなくて激怒したりして、苦しみ落ち込んだりします。


こうした苦しみから脱却するためには、まず自分の心の真実に気がつくことが大切です。そこが出発点です。自分の心に向き合い、感情に向き合ってこそ、それをコントロールできるようになるからです。その為のステップを紹介します。

1.「大人」と「子供」の二つの自分がいることに気づく
境界性パーソナリティ障害の人の心には、「大人の自分」と「子供の自分」が同居しています。
「子供」の部分は、見捨てられることを極端に恐れたり、愛されたい、すべてを自分の思い通りにしたい」という幼児の心さながらの自分です。


ちょっとしたきっかけで「子供」の部分に心が占領されやすいのが、境界性パーソナリティ障害の人の特徴です。だから感情のコントロールが難しくなるのです。


まずこの二つの自分がいるという真実に気がついて、両方とも自分であると受け入れること。そこから心の回復が始まります。


あなたのなかの「子供の自分」は、次のように叫んでいませんか?


「抱きしめてほしい」


「自分と同じ道を歩んでほしい」


「もっと愛情を注いでほしい」