スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

回避性パーソナリティ障害から境界性へ(2)

回避性パーソナリティ障害を持つ人は、大きな特徴として、「本当の気持ちと向け合えない」という傾向を持っています。
本当の気持ちとは、誰かを好きになったり、誰かを嫌いだったりする気持ちです。また、何かが嫌だ、あるいは何かが大好きだという根本的な感情です。その強い感情を曖昧なものにしたり、逆に否定してしまい、自分の気持ちに向き合うことから逃げるのです。
その理由は、自分が誰かを好きであると認めてしまうと、拒絶されたり、失った時に、自分が傷ついてしまうことを恐れるからです。そうならないように予防線を張って、本心を、自分に対しても相手に対しても隠し、ごまかそうとします。
「本当の気持ちをぶつけるのが怖いから、言わないようにして、傷つかないようにしていた」 という声は、その特徴をよく表しています。

その結果、 「自分の感情がよくわからない」、 「自分の感情をどう表現してよいのかわからない」 という問題が生じてきます。
勉強や仕事でも、本当はやりたいことがあっても、自分には無理だと思いこみ、失敗を恐れるあまり、最初からやろうとしなかったり、その人の能力からすると低すぎるものを選んだりします。
しかし、本当にやりたいことから逃げた結果、フラストレーションが溜り、やる気が起きなくなるという状況が起きてきます。そして最終的には、自分が動けなくなってしまうところまで行くのです。
こうなる理由は、「自分に過度に自信がないため」です。そして、自分の本当の気持ちと向き合うのを避けてきたからです。自信とは、そういう自分と対決して、逃げずに立ち向かった時に、静かにあとからついてくるものではないでしょうか。もし結果が思うようにいかなくても、「立ち向かった自分」には誇りが持てるように思います。逃げずに戦ったということ自体が、自信を与えてくれると思うのです。


さて、「最終的には、自分が動けなくなってしまうところまで行くのです」と書きましたが、動けなくなったということは、心の願いを無視して安易な方向に進むくことを心が拒絶しているのかもしれないと思います。
ですから、回避性パーソナリティ障害から境界性パーソナリティ障害を併発した人が本当に回復するには、自分の主体性を回復する努力をすることが必要です。

そのためには、「自分の気持ちを自覚し、それを口に出して言い、それに基づいて行動できるようになることが何より大事」なのです。
医学博士の岡…

回避性パーソナリティ障害から境界性へ(1)

回避性パーソナリティ障害の人が、何らかの事情で社会への適応がうまくいかなくなり、家庭に引きこもった場合には、それをきっかけに境界性パーソナリティ障害の状態に陥ることがあります。

ここでは、回避性パーソナリティ障害と境界性パーソナリティ障害の併発という問題を、取り上げたいと思います。
①傷つきを恐れる

これまで述べてきたように、基本的に回避性パーソナリティ障害を抱えている人は、「傷つくことに敏感すぎる」という際立った特徴があります。
自分が傷つくことを極端に恐れる」のです。
失敗や恥をかくことに非常に敏感」で、これを避けようとします。
自分に「逃れられない責任がかかる状況」を何とか避けようとします。
対人関係では、直接的な関わりである「面と向かい合う関係が苦手」です。ですがメールや電話などをつかっての間接的な関わりであれば、比較的自分を出すことができます。
基本的には、人と接するのをさけたがり、目立つのが嫌いで、「誰かの後ろに身をひそめようとする」行動パターンが多いといえます。
これは「自分に極度に自信がない」ことから生じる行動パターンです。
自分に自信がないので、他者から自分に関心が向けられること自体が苦痛を感じるという人もいます。もし関心がもたれ、自分の過去のことや内面で考えていることを知られたらどうしようと困惑し、人との接触を控えてしまいがちです。
ですので、自分から自己アピールをするということはめったにありません。その為に、せっかく長所や特技があっても、周りがそれに気がつかず、その才能を生かすことができないでいます。これはその人にとってはもちろんですが、周囲にとっても損失です。

②挫折体験の傷が残っている
このタイプの人は、これまでにも大きな失敗や挫折を経験していることが多いのですが、その時にできた心の傷がまだ癒えていません。だから、同じような局面を回避することが最優先になって、しり込みしてしまうのです。
このタイプの人の場合、些細な失敗や挫折をから、なけなしの自信を完全に失うと、それをきっかけに家に引きこもってしまうということがあります。失敗や挫折で味わった失意をはねのけ、リバウンドする力強さを持てないでいるのは、自信が欠如しているからです。

回避性パーソナリティ障害の人の生育過程を見ると、一般的には幼い時から褒められずに育てられたことが多いようです。実際には褒められたこともある…

傷つきと失敗を恐れる人・・・回避性パーソナリティ障害⑥では、どうすればいいのか

では、どうすればいいのか
(1)迷った時はやってみる
プライドが邪魔をして、身体が元気なのに働けない時があります。リストラ後に、なかなか職安に通えない時なども、こういう場合に当てはまります。

そんなときはプライドをいったん棚において、とにかくアルバイトでも何でも、仕事に飛び込んでみるのがいいと思います。
一生懸命に働いていると、生活のリズムと幾ばくかの生活費が手に入ります。自分が誰かのお役に立っているという、確かな手ごたえを感じると思います。それに伴って、気持ちも前向きになってくると思います。
迷った時は動いてみる、迷った時はやってみる。そういう習慣が、思わず道を拓くきっかけになるのです。小さな行動をすることです。迷っている時に大きな決断をすると危険ですが、何もしなくなるのも危険です。小さな変化を自分から起こすことです。
よどんで流れない水は、腐ります。でも流れている水は腐りません。私たちの生命も、生活がよどんで停滞せず、何かが動いていれば、どこかが流れていれば、腐らず生き返ります。
勉強も行き詰ったら、手を広げるのをやめ、できる範囲からやり始めます。少なくともそこはできるようになります。小さな自信が生まれ、それが次の行動の燃料になります。
逃げているときに感じる嫌悪感は、逃げることに対する心のサイン、「逃げるな」というサインだと受け止めます。逃げている状態を、自分の心は嫌がっているのです。
逃げずに立ち向かうと、少なくとも生き生きしてきます。生き生きとするのも心のサインです。自分がそちらに向かうことを、心が望んでいるのです。
こうした心のサインを見逃さないでください。その為には、「今自分の心はどう感じているのだろうか」と、時々振り返ってみてください。その時に感じる「心のサイン」を尊重して、迷ったら、まず小さく動いてみる。これを信条にしてみてください。
(2)傷つくことを恐れるな
失敗する経験は成功する経験よりももっと大切なことがあります。 失敗から学ぶという態度を身につければ、そうなります。 失敗したら、そこで学んだことをバネにして、また挑戦すればいいのです。
その時に必要なことは、失敗があっても自分を責めないことです。責めずに、「自分はこういう経験を積んだ」という事実として受け入れます。そして、失敗した自分を否定せず、裁かず、何かを学ぶために、その失敗の事実と自分を静かに観察するのです。
「…

傷つきと失敗を恐れる人・・・回避性パーソナリティ障害⑤どう接すればいいのか

どう接すればいいのか
(1)本人の主体制を尊重する
回避性パーソナリティ障害の人を育むうえで一番大事なのは、本人の気持ちを大切にして、本人が主体的に、自分自身の意志で生きていこうという気持ちを育てることです。
それまで、たとえば未成年者の場合、本人はやりたいと思っていない習い事を強制されて、しかもそれできなければ、「そんなこともできないの」と、責められ、否定されてきたのかもしれません。
日ごろから、本人が何を求め、何をやりたいのかということを感じ取り、聞くことです。親がやらせたいことではなく、本人がやりたいことを尊重することが大事です。
またできなくても、助けを求めたり、そこから逃げ出す自由を保障してあげることも必要です。
本人の主体性を育てるためには、本人が意思表示をするのを、じっと待つという「忍耐」が周囲の大人に求められてきます。なかなか本人が自分の気持ちを言わないので、つい先走って何かをしてしまうことは、本人の主体性の芽を摘んでしまうことになりかねません。
本人に自分の気持ちを話しをしてもらい、自分から何かを行動し、それをした結果は自分自身が受け止めるという態度を求めていくことです。これが回避が長期化して、「引きこもり」という人生の暗礁に乗り上げる事態を未然に予防し、自立へと向かってもらうことにつながります。
(2)回避行動を長引かせない
回避という行動は、心的外傷体験(トラウマ体験)や長く続いたストレスから自分を守ろうとする自然な自己防衛の反応です。要はそれが長引かないようにすることが必要なのです。
一時的な回避行動には、周囲が過剰反応せず、まず休ませてあげることが必要です。「もうだめだ」と、心の紐がブチ切れる前に、ほどよく心の紐を緩めてあげるのです。「疲れたときは休めばよい」ということを教えることは、長く人生を生き抜くうえで必要な智慧を与えることです。
ある一つのことができなくても、ある場所ではうまくいかなくても、それは決して人生が全部だめになったわけではありません。別の選択をすれば、幾らでも生き筋が見えてきます。

多様な選択枝を肯定することが、人生のゆとりとなり、ある意味では人生の避難所を提供します。どこであれ、自分の居場所ができれば、そこから再起することは、十分できます。
そのためにまず必要なことは、いったんプライドや理想、期待や目標から自由になるということです。高いプライド…

傷つきと失敗を恐れる人・・・回避性パーソナリティ障害④4つの基本的な特徴

回避性パーソナリティ障害の特徴



やや学問的な書き方になりますが、回避性パーソナリティ障害の特徴を、本人の「信念」「対人関係」「行動」「認知」の4つの面から、最も中核的なものを紹介したいと思います。

回避性パーソナリティ障害の人を周囲が理解したり、ご自分を理解するために、コンパクトに役立つことを願って、簡単に紹介したいと思います。

回避性パーソナリティ障害の人は、

「自分自身についての否定的な根深い信念」

を持ち続けているといわれています。
その信念は、子供時代から徐々に形成されてくることが多いようです。

何らかの家庭の事情によって、

自分がしたいことや自分の存在を拒絶されているように感じて育ったり、

色んな行動や願いを批判されて養育者に育てられて成長する。

こういう人は、世の中でも決して少なくありません。

しかし、そのうちのある人は、「私は不適格者で価値がない人間だ」と思いこむことがあります。

冒頭に述べた「自分自身についての否定的な根深い信念」は、養育者のそうした態度を、

傷つきと失敗を恐れる人・・・回避性パーソナリティ障害③発生原因

「回避性」の発生原因
(1)褒められたことがない
回避性パーソナリティ障害を持つ人には、親から否定されて育った経験を持つ人が多くます。「親から褒められたことがない」という言葉は、回避性のタイプの人がよく口にする言葉のようです。

これは母親が褒め言葉が少なかったのかもしれませんが、叱られた記憶が強烈で、子どもが褒められた言葉を忘れていることもあるかもしれません。

母親が褒め言葉が少なかったとしても、子育江で孤軍奮闘して、心の余裕がない状態に追い詰められていた可能性もあります。その場合は、夫が子育て中の妻を心身共に支えてこなかった可能性があります。

子育ては、夫婦がそろって担う責任であり、夫は妻を支えるという努力が不可欠です。母親だけが責められることが多いのですが、それは公平性に欠けていると思われます。
さて、回避性パーソナリティ障害の人の育った家庭は、「華やかで、常に賞賛を求め、スポットライトに中心にいる自己愛性の人が兄弟や家族にいて、その目立たない影のような存在として、ずっと育ってきたというケースが少なくない」と、医学博士・岡田尊司氏は指摘しています。
こういう家庭で育つと、「華やかで成功に満ちた」兄弟たちとくらべて、「自分は劣った存在だ」という認識、つまり自己劣等視の思いこみが刷り込まれることは十分にありうることです。
いずれにしても周囲がこの人を評価しなかったか、むしろ低い評価否定的な評価しか与えてこなかったか、あるいは何らかの事情で本人がそう思いこんでいることが、暗い影を心に落としています。その結果、「自分に自信がなく自己評価が低い」回避性パーソナリティ障害が形成されたと考えられています。
以上のような理由から、回避性パーソナリティ障害になり、その結果「ひきこもり」の生活をする青年は、「親に一度も褒められた記憶がない」という人が少なくありません。

両親が完璧主義で、とても義務感の強い人で、できるのが当然だという態度で、息子にも、自分にも臨んで来た場合、両親の「できて当然」という態度から、その息子は「失敗したらどうしよう」とひどく失敗を恐れるようになることがあります。成功しても褒められず、失敗すると必ずひどく叱られてきた経験を重ねることがあるのです。

そんな場合でも、「失敗してもそこから学ぶことがあるのでは」という見方をすることで、復帰への第一歩を歩み出せることがあります…